バレー全日本女子 大山加奈が北京断念「回復しているが、五輪は難しい」

バレーボール全日本女子の登録選手で、アテネ五輪代表の大山加奈(23)=東レ=が26日、故障の回復が遅れているため、今夏の北京五輪出場を断念する意向であることを明らかにした。

いやもし奇跡的に回復したとしても、呼ぶべきではないでしょう。それはVリーグ、皇后杯、黒鷲旗と実戦から長く離れていて試合勘が戻らないのではという心配以上に、これで選ばれてしまったら、怪我なく頑張っている他の選手にあまりにも失礼でしょう。大山選手はまだ、そこまで「欠かせない選手」ではありません。

ロンドンでは元気にコートを走り回れることを祈っています。

<関連記事>

バレーボールに関連したブログを探す → 人気 blog ランキングへ | ブログランキング【くつろぐ】へ

コメント

大山選手、残念です。管理人さんのおっしゃる通りだと思います。ただひとこと。管理人さんは他の選手に失礼だとおっしゃいますが、それは違うと思います。彼等は、それで飯を食ってます。他の選手に気を使う必要があるでしょうか?たとえば管理人さん、あなたが会社を病欠で休みがちだとしましょう。しかし会社はあなたが必要だとし、昇進させました。お断りになりますか?なりませんよね。食っていかなきゃいけませんもんね。

>大介さん
なので最後に『大山選手はまだ、そこまで「欠かせない選手」ではありません。』と付け加えているのですね。
どうしても必要な選手ではないと。
もちろんもし呼ばれた場合に、大山選手がそれに応じることはかまわないと思います。
が、そもそも呼ぶのがどうなのか、という話です。
他の選手に失礼なのは、大山選手ではなくて呼ぶ側、日本バレーボール協会の方です。
呼ぶ側が必要だと思ったから呼ぶのかもしれませんが、個人的にはそこまでの選手ではない、そこまでの選手にはまだなっていない、と思っていますということです。
私がもし病欠で会社を休みがちでも、やることをきちんとやって結果を出していれば、昇進しても周りは文句を言わないかもしれません。
しかしそうでなければ、どうでしょう。
大山選手はまだそこまでの実績を残せていないと思います。
「休みがち」ではなく「休みっぱなし」ですしね。
1年病気で休職していた平社員がいきなり課長や部長になって戻ってきたとしたら。
大山選手はそこまでの、誰もがうらやむようなスーパー社員でしょうか。

欠かせない選手かどうか、スーパー社員かどうかは、組織が決めることですよね?管理人さんが組織のトップで、そう評価されるなら、構わないと思います。俺が言いたいのは、組織が必要と判断したならば、周りに気を使う必要などないと言うことです。バレーと全く関係のない話をしてすみません。これで止めておきます。

管理人さんは大山選手の話題になると顔を真っ赤にしてムキになる傾向がありますね。
同じ文章を何度も読みました。そこまで必要じゃない選手だみたいな。
なんか恨みでもあるんですか?
怪我のリハビリ大変です、間に合わないなら、次のリーグに復活出来る様に頑張って下さいとかでいいんじゃ!?
いちいち他の選手に失礼とか
大山選手に失礼とわ思わないんですね

あっ!BBSの方見ました。
TAMさんのお言葉「ゆっくりあせらずに、戻ってくるのを待ってますよ」
のお言葉とてもグッときました。
私も日本が大好きで強い全日本を期待する者として
全日本入り確実視されていても怪我で苦しんでいる有田選手にも狩野妹選手にも同じ気持ちでその言葉を送りたいです。

スポーツ選手は成果主義、実力主義です。Vリーグで数字を全く残していない選手がオリンピックに出るとなると、オリンピックには出たいけどVリーグには興味なしみたいな学生がそのうち出てくるでしょうね。何のためのトップリーグなのかしらと思う人もいるはず。大山選手が悪い意味でその手本にならないことを祈ります。

>セルビッチさん
うーむ、確かにムキになり過ぎていました。
ムキになり過ぎて、それを読んだ人がどう感じるかという配慮に欠けていました。
申し訳ございません。
そしてもしも大山選手がここを読んでいるとしたら、本当に申し訳ございませんでした。
なんと言えば分かって頂けるのか非常に難しいのですが、私の目的は大山選手を貶めることではありません。
アテネ以降、大山選手は怪我がちで、満足な状態でコートに立てた期間が非常に少ないですよね。
出場しては故障し、ほぼ治った、と無理して出場しては悪化させ、の繰り返しでした。
もう、万全の状態でなければ(それはとても難しいというのは分かりますが)コートに立たないで欲しい、と思うのです。
また、同じ事を繰り返して欲しくはないのです。
全日本です、呼ばれれば行きたくなるのは当たり前です。
だからもう、協会は彼女がきちんと怪我を治して、自分のチームである程度の期間活躍し、「もう大丈夫」と太鼓判を押されるまで呼ぶべきではないと思っています。
無理すれば将来を棒に振りかねない選手を無理やり出場させなければならないほど、日本のバレー界は人材不足ですか?と。
そのあたり、選手自身の判断かチームの判断か分かりませんけど、有田選手が代表を辞退しているらしいというのは、非常に立派で勇気のあることだと思います。
ただ、早く日の丸を着けた有田選手を観たいですけどねぇ。。。。
とにかく、万全の体調で活躍する選手たちを観たいと切に願っているのです。
無理して呼ぶな、無理して行くな、というのが、本来言いたかったことなのですが。。。
伝わらないですねぇ。難しい。

管理人様
毎日拝見させていただいています。
私は管理人様の伝えたかった事、わかるような気がします。
ばれにゅは私のバレーの大事な情報源です。これからも、様々な情報&コメント待っていますv(^-^)v

みんな心配してるって事ですよ!!

ね??笑

でも今の実力とか関係なしに、これだけ前向きにリハビリをして大好きなバレーを我慢しているんです。
きっと戻ってきたら成長してくれるでしょう!!

大山選手みたいな長身でパワーのある選手は呼び続けて伸ばすってのもあるかもしれないですしね☆

私は、大山選手のセンター転向ということも考えていいのではと思っています。
センターであれば打数が少なくてすむし、スイングも小さくなり故障した肩への負担も小さくなります。
また、センターなら3ローテごとに休憩できますし、なんと言っても大山さんが苦手にしていて、腰におおきな負荷のかかる守備の負担がほぼゼロになります。
センターの選手のほうが怪我が少なかったり、選手寿命が長いのはこのためでしょう。
大山さんはブロックに幅も力強さもありますし、荒木選手のようなオープンも打てる、日本に数少ないパワー型のセンターになってくれるんじゃないかと思っています。

私は大山選手が大好きです。
バレーは大して興味がなかったですが、彼女の力強いパワーのあるのアタックが見ていて気持ちがよく、それからバレーを見るようになりました。
 だから、アテネときとか、高橋選手や他の選手から浮いているように見えて、そして悩んでいるように見えてから、だんだんパワーもプレーも悩みが表れているかのように見えた時期がとても残念でした。
 そして、腰の調子が悪いのに騙し騙し続けているのを見て、北京にいけなくてもいいから、まず腰を直して欲しいと思うようになってしました。
 だから、自分から辞退するのはツライと思うけど、バッチリ直して復活してくれたらいいなって思います。
オリンピックで大山選手が見られないのは、楽しみが半減してしまいますが、その後の復活を楽しみに待ちたいと思います。

コメントを投稿

  • 上記記事に関するコメントをお寄せください。関係のないコメントはばれにゅ☆BBSへどうぞ。
  • メールアドレスは入力必須ですが、SPAM対策の為に表示はされません。
  • コメントの内容が、「意味がない」「元の記事と関係がない」「他人のプライバシーを侵害している」「他人を中傷している」など問題があると管理人が判断した場合、削除させて頂くことがありますので、予めご了承ください。
  • HTMLタグの使用は禁止しています。URLは自動判別し、自動的にリンクを生成します。
  • ここはいわゆる「掲示板」ではありません。よろしくお願いいたします。