日本、トルコに競り勝つ/女子WGP第2日

 バレーボール女子のワールドグランプリ神戸大会第2日は21日、神戸総合運動公園体育館で1次リーグの2試合を行い、日本は3-2でトルコに競り勝ち、2連勝とした。トルコは1勝1敗。
 日本は第2、第4セットを奪ってフルセットに持ち込み、第5セットは多治見(パイオニア)の得点などで15-12で取った。
 第1試合は米国が3-0でカザフスタンを下して1勝1敗とした。カザフスタンは2連敗。

日本戦観ましたよ。観ましたけどね。。。

正直、あれだけ集中して最終予選を戦った後で、間髪入れずワールドグランプリを戦い、そして北京五輪本戦まで、ずっとモチベーションを高いまま保っていくのは非常に困難でしょう。だから、調子がいまいち上がらない、力を出し切れていないことにも同情の余地はあります。

しかしそれならそれで男子のワールドリーグのように、若手を多く入れて試すような場にするのも1つ。色々あって企業から選手を出してもらえないというのなら、それでも、ベンチに選手はいるわけですから、狩野選手や河合選手をもっと積極的に使っていても良いんじゃないですかね。若い選手(狩野選手は決して若くはありませんが)の経験になるのであれば、長い目で見れば、この大会が予選敗退で終わっても何の問題もないはず。日本の未来に希望を持てるような試合を見せて欲しい。

しかしやはり、テレビ局がそれを許さないのでしょうかね。。。

テレビ局に対する云々は別記事に書こうかな。。。

しかしとにかく、これぞ柳本采配の真骨頂とでも言うんでしょうか、結局ガチメンでスタートし、そのまま最後までほとんど選手を入れ替えないといういつものパターン。最初から控えと分かっているなら、選手も行きたがらないし、企業も出さないでしょう。そしてまたベンチが手薄になり、ますます選手交代が少なくなっていくという負のスパイラル。それをアテネ後、ずっと繰り返してきました。

若手の育成という面でも疑問が残ります。北京後の全日本て、一体どうなるんでしょうね?竹下選手、高橋選手が引退などしたら、後任は誰が?。。。誰もいません。

戦術的にもわけのわからない変更が、セッターがファーストコンタクトした場合にライトにいる選手がトスアップするようになったこと。センター陣の2段トスが安定しないからなんでしょうが、まず選手ありきで戦術を組み立てていることの証明です。もしも木村選手や高橋選手が怪我をしたら?彼女らを容易にベンチに下げられないのも頷けます。

あー、なんか文句ばっかりですね。。。いや、文句を言いたくなるような内容でした。最終予選から顔ぶれがほとんど変わらないのに、最終予選よりクォリティの低い試合を見せられているわけですから。

木村選手へのトスが速くなっているのは確かに分かりました。木村選手ってホントに器用な選手ですよね。それに対して心配になるのが栗原選手。さっぱり竹下選手と合っていないというのもあるんですが、トスが合わなかった時の処理に全く成長が見られないです。ただ思い切り打つだけ。最終予選の時の方が、もうちょっと何とかしていました。ブロードジャンプなので、ネットに近いボールをブロックで囲まれたりすると、もうどうしようもなくなるんですよね。ただ思い切り打つことしかできない。あれをなんとか処理できるようになって欲しいのですが。。。と4年前から言っている気もする。良いトスが上がってブロックを一枚半にしてもらわないと決められないエースって、それはエースなんでしょうか?サーブやブロックは良いんですけどね。

3-0で勝つべき試合、相手でしょう。それがフルセットで逆転勝ちって。。。それも現時点でのベストメンバーで、ですよ。頑張ってるんでしょうけど、でも。。。

と、たまには言いたいことをだらだらと正直に言ってみることにしました。

<関連記事>

<関連>

バレーボールに関連したブログを探す → 人気 blog ランキングへ | ブログランキング【くつろぐ】へ

コメント

>この大会が予選敗退で終わっても

決勝ラウンドが横アリ開催なので、どう勝とうが負けようが7/13までガチ拘束だったりしますが・・・
シン様重労働お疲れモード入りっぽいときに狩野選手だそーよとか思ったりしました。

そもそも、オリンピック直前の、この時期に国際大会を開催をすること自体疑問です。オリンピック前。手の内を、知られたくない日本と、何も失うものがないトルコ!それが、フルセットまでもつれ込んだ原因なのでは?今大会他のオリンピック出場国も、手の内は魅せないでしょうし。この大会。オリンピック出場国のベンチ入り12人の選手の何人がオリンピックメンバーに入るのでしょうか?!。本来ならこの時期は、選手・監督をはじめスタッフも、ゆっくり体を休めて、最終調整の時期のはずなのでは?!ワールドグランプリ2年に1回で充分ではないですか?

私もオリンピックの開催される年にワールドグランプリを開催するのには疑問を感じます。確か4年前ロシアのカルポリ監督が予選ラウンド第1周目だけは監督として出場し、それ以降はメンバーの殆どを控え選手に切り替えてコーチが監督を務め、翌年のワールドグランプリの出場停止処分になったことがありましたよね?
逆に言うとどのチームもオリンピックに照準を合わせるのに必死なんですから、その前にあえて試合を組まなくてもいいと思います…。今日のように栗原選手の調子が悪い時に誰も交代要員がいないのには問題があるのではないでしょうか。狩野選手を試すいい機会だったのでは…?そして極端かもしれませんがオリンピック前のテレビ中継をあえてやめて選手にかかる期待を減らすのも手かもしれませんよね…。

4年前の経験があるから、下手に動けないのでは?
あの時はかなりメンバーいじりましたけど、結局、最後まで形を作れずに終わっちゃいましたからね。

放送があるから替えられないんだとしたら、それは余計な気遣いってヤツですね。
別にコート上に栗原選手や高橋選手や竹下選手や木村選手が居なくたって、居なければ居ないでそれなりの画作りはしますよ。
まぁ確かに、宣伝材料としては彼女達の顔が必要ではありますけどね・・
でも、実際の試合になれば別です。

この時期の試合ははっきりいって最大限の力を出して望まなくてもいいと思います。選手自身も最終予選とはかなりモチベーションが違うと思います。テレビ見る方としても力が入りません。ただケガなく終わることを祈るばかりです。

JVAのHPでも海外チ−ム は若い選手に経験を積ませる為にこの大会にきたみたいにコメントされてましたが柳本氏は元々考え方が違いますから外野でどんなにヤジってもぼやいても考え方は変わらないでしょ〜(>_<)男子の最終戦に清水選手や福澤選手みたいな未来に希望のわく攻撃力のある新星を目の当たりにすると女子見てがっかりなんて…ありますねぇ 特に昨日のトルコのセッタ−ナズは186cmで17歳!! これが逆だったりしたら「日本も強くなるゼ〜」とワクワクしながら拳を握りしめてテレビに釘づけ…だったりしたんですけど…そんな期待感もなく梅雨空と共にどんより曇りゆくのでした 全然関係ないんですけど管理人さんの「負のスパイラル」という表現良かったです。ハイ

はなさん、四年前のロシアはWGPの時点でガモワしか五輪メンバー確定でなく、ラウンド毎に色々と選手を試していましたね。カルポリさんは罰則を受けていたのは知りませんでしたが、同情できますね
よっしー55さん、四年前は一度チームを壊すとかいってツーポジション制にこだわっていて選手も大変だったとは思うんですが、それと控え選手を投入することは同じではないと思います。アウェー戦は、酷いDJや応援団もいないし、深夜放送みたいなので、テレビを気にせずに、男子みたいに控えを試して欲しいです。と、ずっと言い続けて疲れました(笑)
全日本とプレミアチームの負のスパイラルはどうすれば、解決するのか?別に柳本監督が辞めても変わらない気がします。男子みたいにリーグ全体でバックアップする体制をいい加減目指せよ!と言いたい。選手も生温い国内リーグに浸かってないでもっと強い意志を持って欲しいです。

TAMさん
そうでしたね。>拘束
であれば余計に、ですよねぇ。

よっしー55さん
4年前のあれはね。。。
やろうとしていることが明確ではなかったですね。
中途半端。
手の内を隠したいなら、はなからベンチ入りメンバーごっそり入れ替えるべきでしょう。
休ませるならきっちり休ませるべきかと。
ちなみにココで言ってもしょうがないとは思いますが、ニコガク応援団はこれまでのなかでも最悪ですね。
彼ら自身がというわけではなく、なんというかあまりにも興ざめで、ドラマの方も好きだったのに観る気をそがれてしまいます。。。

で、この状況のガマ采配だと2,3週目アウェー戦とはいえ西脇選手はメンバー登録されないんじゃなかろうかとか思ったり、河合選手にどーんと1試合通しで捌き任せるような采配は期待できんかなぁとかも思ったりするわけで。
んで、TBSな仕切りな分ワンプレーごとにがーがー騒ぐ自分酔いなヤツでわないだけ、まだDJは静かな方だと思いまする。
るーきーずな応援団は「ううむ、メビウスの中の人わこないのか」とか思ったりしました(見方間違ってる)

私も、もともとバレーとテレビ局との関係には疑問がありましたが、柳本監督になっていっそうひどくなったように思います。
確かに高橋選手、竹下選手を中心に固定メンバーを使い続ければある程度の成績を残せますが、それだとチームも若手も育ちません。
日本開催だからといって、目先のある程度の成績を残さなければいけないという状況では、柳本監督のようにマスコミの顔色を気にする監督では思い切った強化は望めません。
ぜひ次の監督にはハイリスクを恐れない本当の勝負師になって欲しいです。


ルーキーズねぇ・・・宣伝効果かも知れませんが、なんか数字取っちゃってるんですよね。
編成的にあの枠は今まで死の枠だったもんで、まぁ彼らを活かせないかと考えたんでしょうが・・・
あれは、やりすぎですね。
自分も見てビックリしましたから。

はるか昔は長期に渡って公開収録な化け物バラエティ番組が張ってた枠ですからなぁ。
で、力入れるのはわかるが、主審副審が計測した後のネットに勢いよくぶち当たったらいかんだろとか、アメ戦4セット目以降、何処行った?とか思わないでもないです>おうえんだん。

コメントを投稿

  • 上記記事に関するコメントをお寄せください。関係のないコメントはばれにゅ☆BBSへどうぞ。
  • メールアドレスは入力必須ですが、SPAM対策の為に表示はされません。
  • コメントの内容が、「意味がない」「元の記事と関係がない」「他人のプライバシーを侵害している」「他人を中傷している」など問題があると管理人が判断した場合、削除させて頂くことがありますので、予めご了承ください。
  • HTMLタグの使用は禁止しています。URLは自動判別し、自動的にリンクを生成します。
  • ここはいわゆる「掲示板」ではありません。よろしくお願いいたします。