井野のカンヌが26連勝...バレー フランス・リーグ

バレーボール女子のフランス・リーグで井野亜季子(22)の所属するカンヌは18日、ルカネに3―2で勝ってレギュラーリーグを26戦全勝で終え、準決勝に進んだ。リベロの井野は25試合に出場し、守備部門で1位、サーブレシーブ部門では2位の記録を残した。

彼女の日の丸背負った姿が、久々に見られますかね?

バレーボールに関連したブログを探す → 人気 blog ランキングへ | ブログランキング【くつろぐ】へ

コメント

ポジションでは、リベロだけだと思います。
世界のトップレベルで戦えるのは。
このポジションの層を厚くするのは日本では難しいことはないと思います。
(一番現実的でしょうか)

IECL(欧州チャンピオンズリーグ)とイタリアセリエAのベストリベロなどの世界トップレベルのリーグを日本人リベロが独占。
2~5位も日本人リベロ。
このレベルまでいけたらな~と。
夢ではないと思う。

コメントを投稿

  • 上記記事に関するコメントをお寄せください。関係のないコメントはばれにゅ☆BBSへどうぞ。
  • メールアドレスは入力必須ですが、SPAM対策の為に表示はされません。
  • コメントの内容が、「意味がない」「元の記事と関係がない」「他人のプライバシーを侵害している」「他人を中傷している」など問題があると管理人が判断した場合、削除させて頂くことがありますので、予めご了承ください。
  • HTMLタグの使用は禁止しています。URLは自動判別し、自動的にリンクを生成します。
  • ここはいわゆる「掲示板」ではありません。よろしくお願いいたします。