土浦湖北高体罰:男性教諭を停職12月 依願退職へ /茨城

 土浦湖北高(土浦市)の女子バレーボール部顧問の男性教諭(42)が5月、女子部員に体罰し重傷を負わせた問題で県教委は24日、教諭を停職12月の懲戒処分にすると発表した。処分は25日付。教諭からは依願退職願が出ており、同日に受理するという。

 県教委によると、教諭は5月27日午後5時ごろ、体育館で部活動中、2年生の女子部員(16)の髪の毛を引っ張り、顔面をひざげりにして鼻の骨を折る全治1カ月の重傷を負わせた。この部員が『ミスしたらアヒル歩きをしろ』という指示を他の部員に伝えなかったことに腹を立てたという。また教諭は昨年7月以降、複数の部員を平手で殴るなどの体罰や、「バカ」「死ね」といった暴言を日常的に行っていたことも確認された。

どうして鼻の骨が折れるまで...。

バレーボールに関連したブログを探す → 人気 blog ランキングへ | ブログランキング【くつろぐ】へ

コメントを投稿

  • 上記記事に関するコメントをお寄せください。関係のないコメントはばれにゅ☆BBSへどうぞ。
  • メールアドレスは入力必須ですが、SPAM対策の為に表示はされません。
  • コメントの内容が、「意味がない」「元の記事と関係がない」「他人のプライバシーを侵害している」「他人を中傷している」など問題があると管理人が判断した場合、削除させて頂くことがありますので、予めご了承ください。
  • HTMLタグの使用は禁止しています。URLは自動判別し、自動的にリンクを生成します。
  • ここはいわゆる「掲示板」ではありません。よろしくお願いいたします。