Vリーグでも輝け 期待の星 東九州龍谷 鍋谷友理枝

9日に閉幕したジャパネット杯「春の高校バレー」第64回全日本バレーボール高校選手権で、史上初の4連覇を達成した東九州龍谷の主将。「春高バレー」で活躍した両親譲りのセンスを持ち、エースアタッカーとして活躍した。攻撃力、レシーブ力、ブロック、視野の広さ。いずれも高校トップレベルだ。

鍋谷選手の記事。注目は以下の部分。

 卒業後はVリーグのデンソー入りが内定している。ウイングスパイカーと期待されているが、身長177センチでは、Vリーグのスパイカーとして活躍することは並大抵のことではない。セッター転向を薦める声もある。

 昨秋の山口国体準決勝で東九州龍谷が敗れ、コンビバレーが機能しなくなった際に、相原昇監督は鍋谷をセッターに置いた。自身も同じポジション出身で、セッター育成に定評のある相原監督は春高優勝後、「全日本女子のセッターは、竹下佳江の後任は鍋谷だと思っている」と話すほどその才能を買っている。

確かに、177cmではアタッカーとしてやって行くのは少し厳しいですね、日の丸を目指すのだとすれば。セッター転向はあるんでしょうか。

それともう一つ。


山田は古川学園の主将でスパイカーだが、デンソーではリベロに転向する。

同じくデンソー入りする山田美花選手はリベロ転向と。今後が楽しみですね。

バレーボールに関連したブログを探す → 人気 blog ランキングへ | ブログランキング【くつろぐ】へ

コメント

セッター出身の監督はセッター育成が得意みたいですね。

> sadao さん

記事にはそう書いてありますけど、セッター出身だからセッターの育成が得意、と結論付けるのは早計だと思っています。
相原監督が現役時代にどんなセッターだったのか知りませんし、今回の東龍を観た限りでは、セッターが一年生だったというのもあると思いますが、決勝で戦った氷上のセッターの方が、アタッカーが打ち易いセットを供給できていたように見えました。
思うに、「良いセッター」の定義の仕方にもよるんだとは思いますけどね。
宇佐美と朝長、どちらが良いセッターですか?みたいな。

柳本監督:竹下選手、
セリンジャー監督:内田選手、
印東監督:ノルウエージュニアのセッター、
真鍋監督:橋本選手、
と時代にずれがありますが、
他のプレイヤー、スパイカーとかだと難しいかな〜と感じます。

達川 吉田 は 中西 葛和さんは 大貫 永富さんは 柳本さん?米田さんか

コメントを投稿

  • 上記記事に関するコメントをお寄せください。関係のないコメントはばれにゅ☆BBSへどうぞ。
  • メールアドレスは入力必須ですが、SPAM対策の為に表示はされません。
  • コメントの内容が、「意味がない」「元の記事と関係がない」「他人のプライバシーを侵害している」「他人を中傷している」など問題があると管理人が判断した場合、削除させて頂くことがありますので、予めご了承ください。
  • HTMLタグの使用は禁止しています。URLは自動判別し、自動的にリンクを生成します。
  • ここはいわゆる「掲示板」ではありません。よろしくお願いいたします。