久光製薬を頂点に導いた2人の新星 長岡、石井を育てた世界基準のバレー/スポーツナビ

 バレーボールのV・プレミアリーグ女子の決勝戦が13日、東京体育館で行われ、久光製薬スプリングスが東レアローズを3−0で下し、6季ぶり3回目のVリーグ制覇を成し遂げた。

 優勝が決まった瞬間を、2人一緒にコートで迎えることができたのはこれが初めてだった。
 
 長岡望悠と、石井優希。

久光製薬スプリングス優勝に貢献した若手二人を中心に据えたスポーツナビコラムです。タイトルから、「世界基準のバレー」とは具体的に何なのか、それによって何がどう変わって優勝まで至ったのか、書いてあると思ったんですが、私には残念ながら見つけられませんでした。

バレーボールに関連したブログを探す → 人気 blog ランキングへ | ブログランキング【くつろぐ】へ

コメントを投稿

  • 上記記事に関するコメントをお寄せください。関係のないコメントはばれにゅ☆BBSへどうぞ。
  • メールアドレスは入力必須ですが、SPAM対策の為に表示はされません。
  • コメントの内容が、「意味がない」「元の記事と関係がない」「他人のプライバシーを侵害している」「他人を中傷している」など問題があると管理人が判断した場合、削除させて頂くことがありますので、予めご了承ください。
  • HTMLタグの使用は禁止しています。URLは自動判別し、自動的にリンクを生成します。
  • ここはいわゆる「掲示板」ではありません。よろしくお願いいたします。