近畿ブロックは大学勢がファイナルラウンド出場権を独占! 平成25年度天皇杯・皇后杯/日本バレーボール協会

「平成25年度 天皇杯・皇后杯 全日本バレーボール選手権大会」は、国体期間を挟んで10月12日・13日からブロックラウンドが再開され、近畿ブロックの男女大会が行われました。男子は甲南大学、近畿大学、龍谷大学の3大学がファイナルラウンド出場権を獲得し、一方の女子も龍谷大学、神戸親和女子大学がファイナルラウンドへの切符を掴み取るという、大学勢の躍進が目立ったラウンドとなりました。

とのことです。詳細は上記リンク先にて。

バレーボールに関連したブログを探す → 人気 blog ランキングへ | ブログランキング【くつろぐ】へ

コメントを投稿

  • 上記記事に関するコメントをお寄せください。関係のないコメントはばれにゅ☆BBSへどうぞ。
  • メールアドレスは入力必須ですが、SPAM対策の為に表示はされません。
  • コメントの内容が、「意味がない」「元の記事と関係がない」「他人のプライバシーを侵害している」「他人を中傷している」など問題があると管理人が判断した場合、削除させて頂くことがありますので、予めご了承ください。
  • HTMLタグの使用は禁止しています。URLは自動判別し、自動的にリンクを生成します。
  • ここはいわゆる「掲示板」ではありません。よろしくお願いいたします。