【大前恵の勝つための食育】女子バレー、リオ五輪切符の陰で 食生活改善で成長した宮下遥

その中でも思い入れの深い選手がいます。セッターの宮下遥選手。まだ21歳にして日本の司令塔を務める彼女との出会いは、3年前にさかのぼります。

代表チームへのサポートに管理栄養士として明治から派遣されチームに同行してきた筆者による、宮下選手の成長記録と言っても良い記事。

かつてはゼリーだけで食事を済ませたこともあった宮下選手

代表に選ばれる選手の意識がそもそもこんなに低かったというのが驚きですが(なかなか代表に定着できなかったのも納得)、そんな宮下選手が変わって行く様子や、

実は彼女は、試合中に水分補給にまで意識を巡らせることが苦手だったので、私はあらかじめ同じポジションの田代佳奈美選手にケアをお願いしていました。

出場機会を殆ど与えてもらえない、初代表でいきなりOQTというとんでもない経験をした田代選手の見えないサポート等について書かれています。

詳細は上記リンク先にて。

バレーボールに関連したブログを探す → 人気 blog ランキングへ | ブログランキング【くつろぐ】へ

コメントを投稿

  • 上記記事に関するコメントをお寄せください。関係のないコメントはばれにゅ☆BBSへどうぞ。
  • メールアドレスは入力必須ですが、SPAM対策の為に表示はされません。
  • コメントの内容が、「意味がない」「元の記事と関係がない」「他人のプライバシーを侵害している」「他人を中傷している」など問題があると管理人が判断した場合、削除させて頂くことがありますので、予めご了承ください。
  • HTMLタグの使用は禁止しています。URLは自動判別し、自動的にリンクを生成します。
  • ここはいわゆる「掲示板」ではありません。よろしくお願いいたします。