ボヨビッチ「日本の企業スポーツのシステムは、優れたものだと思っている」/バレーボールマガジン

東レアローズに7年間所属し、Vリーグのことも熟知している元セルビア代表、デヤン・ボヨビッチさんに、スーパーリーグについての意見を聞いてみました。ボヨビッチさんは、全日本男子の強化のためのプランを自主的に発表されるなど、日本男子バレー界に深く心を寄せています。

とのことです。詳細は上記リンク先を読んで欲しいのですが、私なりに要約すると、日本のバレーボールの強化にはまず、競技人口の増加が不可欠であること、そして人口の増加には、必ずしもトップリーグのプロ化が必須ではないことなどが語られています。

その中で、

セルビアにも2m以上の選手はいっぱいいるけど、よいプレーができていない選手もいるので、高さだけの問題じゃない。高さのある選手なら、日本にも2メートル以上の選手がいるが、今現在その選手はトッププレーヤーじゃない。それが事実。

長身者ばかりを集めて強化すれば良いってものではない、ということではないでしょうか。

バレーボールに関連したブログを探す → 人気 blog ランキングへ | ブログランキング【くつろぐ】へ

コメントを投稿

  • 上記記事に関するコメントをお寄せください。関係のないコメントはばれにゅ☆BBSへどうぞ。
  • メールアドレスは入力必須ですが、SPAM対策の為に表示はされません。
  • コメントの内容が、「意味がない」「元の記事と関係がない」「他人のプライバシーを侵害している」「他人を中傷している」など問題があると管理人が判断した場合、削除させて頂くことがありますので、予めご了承ください。
  • HTMLタグの使用は禁止しています。URLは自動判別し、自動的にリンクを生成します。
  • ここはいわゆる「掲示板」ではありません。よろしくお願いいたします。