ビーチバレーボール国際大会への出場申請漏れに関する懲戒処分/日本バレーボール協会

 日本バレーボール協会が6月末に開かれたビーチバレーボール国際大会のエントリーを期限までに行わず、出場希望選手が大会に出場できなくなる事態を招いたことに関して7月25日(火)、関係者の処分を決めました。
 エントリーを失念した担当職員を戒告、林孝彦事務局長と当時の責任者2人をけん責とする処分が、第4回臨時理事会で承認されました。

林孝彦事務局長(会長代行)と当時のビーチバレーボール事業本部副本部長2人をけん責処分とした。担当職員は戒告処分を受けた。


中垣内監督の時にも確かけん責というのがありましたが、具体的に何か罰があったりするわけではないんですよね。「また何かやらかしたらもっと重い処分を課すからな!」といった警告的な意味だと思ったら良いのでしょうかね。

バレーボールに関連したブログを探す → 人気 blog ランキングへ | ブログランキング【くつろぐ】へ

コメントを投稿

  • 上記記事に関するコメントをお寄せください。関係のないコメントはばれにゅ☆BBSへどうぞ。
  • メールアドレスは入力必須ですが、SPAM対策の為に表示はされません。
  • コメントの内容が、「意味がない」「元の記事と関係がない」「他人のプライバシーを侵害している」「他人を中傷している」など問題があると管理人が判断した場合、削除させて頂くことがありますので、予めご了承ください。
  • HTMLタグの使用は禁止しています。URLは自動判別し、自動的にリンクを生成します。
  • ここはいわゆる「掲示板」ではありません。よろしくお願いいたします。