仙台ベルフィーユ チーム譲渡のお知らせ/バレーボール Vリーグ オフィシャルサイト

一般社団法人日本バレーボールリーグ機構では、2016/17シーズンまでV・チャレンジリーグⅠ女子に所属しておりました仙台ベルフィーユ(NPO法人仙台ベルフィーユ)から、当機構のVリーグ機構規約第16条【チームの譲渡】に基づき、株式会社姫路ヴィクトリーナへのチーム譲渡の申し入れがあり、7月29日のVリーグ機構臨時理事会において審議し、チームの継続性が認められると判断し、譲渡を承認することと致しましたのでお知らせ致します。

つきまして、株式会社姫路ヴィクトリーナの運営する『ヴィクトリーナ姫路』が2017/18シーズンよりV・チャレンジリーグⅠ女子に所属し、2017/18シーズンの参戦チームは以下の8チームとなりますのでお知らせ致します。

これ、話題になっているけれどちょっと意味がわからないんですよね。

仙台はそもそも、Vリーグに所属する資格を失ったということだったと思うのですが、そのチームが譲渡されることによって、どうして姫路がV・チャレンジIに所属できることになるのか。

説明が欲しいところです。

バレーボールに関連したブログを探す → 人気 blog ランキングへ | ブログランキング【くつろぐ】へ

コメントを投稿

  • 上記記事に関するコメントをお寄せください。関係のないコメントはばれにゅ☆BBSへどうぞ。
  • メールアドレスは入力必須ですが、SPAM対策の為に表示はされません。
  • コメントの内容が、「意味がない」「元の記事と関係がない」「他人のプライバシーを侵害している」「他人を中傷している」など問題があると管理人が判断した場合、削除させて頂くことがありますので、予めご了承ください。
  • HTMLタグの使用は禁止しています。URLは自動判別し、自動的にリンクを生成します。
  • ここはいわゆる「掲示板」ではありません。よろしくお願いいたします。