第15回 2018全日本ジュニアオールスタードリームマッチ 最優秀選手は西川馨太郎と石川真佑/日本バレーボール協会

 全国から選抜された高校生と中学生が出場する「第15回 2018全日本ジュニアオールスタードリームマッチ」が2月24日(土)、25日(日)に守口市民体育館(大阪府守口市)で開催されました。
(中略)
 また、最優秀選手に男子は「MAX」の西川馨太郎選手(清風高2年)、女子は「WING」の石川真佑選手(下北沢成徳高2年)が選出されました。敢闘賞は男子が樋内竜也(崇徳高2年)、大塚達宣(洛南高2年)、金澤琉也(足利工業大附高2年)、女子が中澤恵、中川つかさ(ともに金蘭会高2年)、山下晴奈(福井工業大附福井高2年)に与えられました。

とのことです。詳細は上記リンク先にて。

バレーボールに関連したブログを探す → 人気 blog ランキングへ | ブログランキング【くつろぐ】へ

コメントを投稿

  • 上記記事に関するコメントをお寄せください。関係のないコメントはばれにゅ☆BBSへどうぞ。
  • メールアドレスは入力必須ですが、SPAM対策の為に表示はされません。
  • コメントの内容が、「意味がない」「元の記事と関係がない」「他人のプライバシーを侵害している」「他人を中傷している」など問題があると管理人が判断した場合、削除させて頂くことがありますので、予めご了承ください。
  • HTMLタグの使用は禁止しています。URLは自動判別し、自動的にリンクを生成します。
  • ここはいわゆる「掲示板」ではありません。よろしくお願いいたします。