日本バレーボール協会理事会、7・2億円赤字予算を承認

日本バレーボール協会は13日、東京都内で理事会を開き、2018年度予算が約7億2000万円の赤字となることを承認した。20年東京五輪のために積み立てている特定費用準備資金の約1億3000万円を収益として充てることで、実質は約5億9000万円の赤字予算となる。同協会によると、過去最大の赤字決算は02年度の約3億800万円。

なんか、赤字なのが当たり前みたいな空気になってきてるんですが、運営は大丈夫なんでしょうか。良く分かりません。

バレーボールに関連したブログを探す → 人気 blog ランキングへ | ブログランキング【くつろぐ】へ

コメントを投稿

  • 上記記事に関するコメントをお寄せください。関係のないコメントはばれにゅ☆BBSへどうぞ。
  • メールアドレスは入力必須ですが、SPAM対策の為に表示はされません。
  • コメントの内容が、「意味がない」「元の記事と関係がない」「他人のプライバシーを侵害している」「他人を中傷している」など問題があると管理人が判断した場合、削除させて頂くことがありますので、予めご了承ください。
  • HTMLタグの使用は禁止しています。URLは自動判別し、自動的にリンクを生成します。
  • ここはいわゆる「掲示板」ではありません。よろしくお願いいたします。